Studio Radish
 
Tea Break 〜ちょっと一息〜 今 気になる商品
 [液晶] 
 
 
   
 
液晶ディスプレイ Part1   成熟してきた17型SXGA
Part2 パソコンにも大画面を!こちら
「お手ごろ価格になってきましたね!」という事で約一年前17型SXGA(1280×1024)液晶ディスプレイを取り上げた。その後もますます世の中の流れは液晶かつ大画面へ。そこで液晶ディスプレイについても最近の動向を見てみよう。
今買うなら断然液晶、17型なら買い替えでもお得
液晶の魅力は省スペース・大画面。今17型CRTを使っている方も多いのではないだろうか。しかし、一般にCRTではフレームに隠れた部分もサイズとされることが多いので、同じ17型でも液晶はCRTよりかなり広い画面になる。17型CRTでは既にかなりの大きさと重量になるが、液晶ならかなり手軽に設置できるようにもなる。それ以上のサイズなら液晶じゃなきゃ置けないって人も多いのでは? さらに省電力も液晶の大きな魅力。例えば17型を比較すれば、省電力な分寿命まで使うと実は5万円くらい電気代がお得な計算になる。最近の17型が4万円程度で購入できることを考えれば、ヘビーユーザーならこの分だけで買い替えた方が得ということにもなる。
I・O DATAが今のお勧め
LCD-A172VWH
液晶では最近特にI・O DATAが頑張っている。コストパフォーマンス、流通量ともに他社を一歩リードしているようだ。値段の割に液晶パネル自身も手を抜いていないので好感が持たれる。
17型のLCD-A172Vシリーズは広視野角、高コントラストのパネルを使用しながら実売4万円程度と価格面でも17型のモデルの中では最安クラスだ。
一段ハイグレードなモデルを考えるのなら、19型が急速に身近になってきた。
LCD-AD192CWR
19型でも画素数では17型と同じSXGAだが、LCD-AD192Cシリーズでは液晶パネル自身はより広視野角、高コントラストになっており、入力もデジタルに対応しているなど一段高いグレードにまとめられており、大きさの違い以上の価値がある。これで実売6万円台は購入を考えてみる価値があるだろう。
Ryuji

モデル
タイプ
左右視野角
上下視野角
コントラスト
輝度
cd/u
応答時間
入力
スピーカー
その他
I・O DATA
LCD-A172V
シリーズ
17型SXGA
170゜
150゜
430:1
250
20ms
アナログD-Sub15
1W+1W
-
I・O DATA
LCD-AD192C
シリーズ
19型SXGA
170゜
170゜
700:1
300
25ms
アナログD-Sub15・デジタルDVI-D
2.5W+2.5W
-
◆この冬20型UXGAが急接近◆
パソコンでDVDなどビジュアルなソフトを楽しむことが多くなった今日このごろ、大画面な20型UXGA型が気になる・・・・・
続きは>>こちら

■過去のディスプレイ関連記事
17インチ液晶ディスプレイ (掲載2003年)
お問い合わせ Studio Radishについて 個人情報保護方針 利用上のご注意 障害・メンテナンス情報